ウーマン

皮膚病の一種であるいぼ|再発の恐れを断ち切る為に何度か通院

美肌はレーザーで取り戻す

頬を触るウーマン

痛みの少ないレーザーとは

気になるいぼを取り除きたいと考えている方におすすめなのが、液体窒素治療です。ここで使用される液体窒素は−196℃まで下がっており、これをいぼに当てます。これだけでいぼを目立たなくすることができるのです。また、健康保険適用内の治療のため安価で受けることができます。もし治療の際に痛みを感じたときは、医師にその旨を伝えておくことが大切です。また、いぼの大きさによっては定期的に通院する必要があるので、この点をおさえておきましょう。これらのデメリットを解消する方法が「レーザー治療」です。これは美容整形外科や美容皮膚科などで受けられる施術で、保険の適用外であるため多少の費用はかかりますが、痛みや出血なども少なく、再発のリスクも低いという特徴があります。施術方法は至ってシンプルで、いぼのある患部にCO2レーザーという種類のレーザーを照射するだけです。治療にかかる時間はいぼの大きさや数などにより違いがありますが、1cm程度のものであれば約5分の照射で完了します。施術後の患部は少し凹んだ状態となりますが、これはだいたい数週間〜数ヶ月で自然と肉が盛り上がり収縮するので、傷跡はほとんど目立つ心配がありません。ちなみにこの治療で用いられるCO2レーザーとは、人体の細胞に含まれる水分に反応し熱によるエネルギーを発生させる美容機器で、治療する部分にだけピンポイントで照射することが可能なので、肌へのダメージが少ないというメリットがあります。もちろんメスは一切使わないので、抜糸の必要はありませんし、施術当日からメイクや洗顔、入浴を行っても問題ありません。

クリニック選びのポイント

このようにメリットがたくさんあるレーザー治療ですが、何度も治療を続けると費用がかかってしまうので、自分の症状を見極めて予算内でおさまるかを判断しておきましょう。但し、これは各クリニックによってかなりの差があるので、事前にインターネットなどで情報を収集することにより、ある程度まで費用を抑えることも可能です。しかし、価格だけでクリニックを選ぶのは非常に危険です。決して安い=悪いというわけではありませんが、その逆もまたしかりなので、その治療に対して適正な価格であるかどうかが重要です。これを見極めるためには、まず、自分でクリニックまで足を運んで、カウンセリングを受けてみる必要があります。そのときの医師や病院スタッフの対応をしっかりと観察しておきましょう。特にカウンセリングの際には疑問に思う点や不安なことなど全て質問しましょう。そのときに医師がきちんと時間を割き、自分の話を聞いた上で丁寧に分かりやすく治療の提案をしてくれるかどうかをチェックしましょう。いぼの除去といえども、整形であることに変わりなく、一生を左右する問題でもあります。知名度や評判などに安易に流されないように、自分に合ったクリニックや医師をしっかりと選ぶことが今後の人生にとっても大切なことです。また最近ではエステサロンなどでもレーザーを導入しているところもありますが、いぼの治療を行う場合は必ず医師免許を所有する専門医がいるクリニックを選んで下さい。何故なら自分ではただのいぼだと判断していても、全く別の病気が裏に潜んでいる可能性もゼロではないからです。以上の点を踏まえた上でより自分に合ったクリニックを探していきましょう。